神奈川・横浜の総合内装工事・軽量鉄骨下地工事・各種貼り物工事は株式会社ヨシヤマ

中途社員が振り返りと目標設定を行いました。

 

 

中途社員が入社して約1か月が経ちました。

今回は、中途社員の池田さんに1か月の振り返りと

今後の目標設定をインタビュー形式で答えてもらいました。

 

 

Q.1番勉強になった研修は何ですか?

A. 就業規則とコンプライアンス研修です。

今までしっかりと説明を受ける機会がなかったので、初めて知ることもあり、とても勉強になりました。

 

 

Q. 年間の目標を教えてください。

A. 1年で一通りの作業を1人でできるようになることです。

目標を達成するために分からないことは、自分から先輩職人に聞きます。

 

 

Q. 1か月後の目標を教えてください。

A. 事故をおこさないことです。そのために、現場でのKY活動(※)や体調管理を徹底します。

 

 

※KY活動とは

K=危険(キケン) Y=予知(ヨチ) 「危険予知活動」

現場の事故災害の多くはヒューマンエラーが引き金となるため、危険(K)を予知(Y)して

安全衛生を先取りすることが重要となります。作業前に、指差し呼称などで現場にどんな危険が

潜んでいるのかをみんなで確認し合ったり、一人ひとりが作業場の危険箇所を把握し、

安全に対する意識を高め、現場で起こりうる災害を未然に防ぐ取り組みをKY活動といいます。

 

 

 

Q. 現場で働く上で1番大切にしていきたいことは何ですか?

A. 安全を第一に考えることです。

 

 

 

 

 

 

目標を達成するための具体的な行動が明確で、非常に前向きな印象を受けました。

現場でも、自分から他の職人さんに声掛けなどのコミュニケーションを図っているとのことなので、

引き続き、ケガのないよう作業してほしいです。

 

 

 

 

ご安全に!!